お茶と暮らし

茶と暮らし、いきてゆく #kakegawa Japanese Tea farming & Industry.

あたりまえにあるお茶のこと
もっと知りたい、伝えたい

掛川市を中心に広がる茶畑の風景
国内有数の茶処としていつからか
そのイメージは日本中へ広がって
私たちにはかけがえのない日常になった

お茶と人生お茶と生きる人々の物語

  • 今年、最後の新茶

    少し山に入った茶畑の撮影中に偶然出逢った茶農家。いい時も、厳しい時も家族や親戚、地域の人たちに支えられ40年以上お茶を続けた老夫婦の今年、最後の新茶。

連載「お茶と歴史」幕末の動乱と現代茶業の興り

  • 【第1話】
    幕末の失業危機を乗り越えて

    牧之原台地から東山地区へと続く広大な茶畑。新茶時期には地域一帯があざやかな新芽の色に覆われます。その歴史は意外にも幕末に大井川の川渡しで活躍した川越人足と呼ばれる多くの人々の失業危機から始まったと言われています。

  • 【第2話】
    日本茶を世界へ送り出せ
    国を支える茶輸出業(明治期)

    幕末から明治へ、時代の転換期を生き延びた士族や川越人足の働きによって日本の茶業の礎を築くことに成功する。東海道鉄道線の開通や清水港の開港によって明治時代の養蚕・茶などは外貨を獲得し国を支える基幹産業としての運命を託される。

これまでの歩み

ギャラリーお茶とともに生きてゆく人々の物語